展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

ニュートンと贋金づくり

f0149664_19553352.jpgニュートンと贋金づくり
天才科学者が追った世紀の大犯罪

トマス・レヴェンソン著
寺西のぶ子訳

欧州最高の知性 vs. 英国最悪の知能犯
万有引力を発見し、近代物理学に巨大な足跡を残した天才科学者ニュートン。後年は王立造幣局に長官として迎えられ、イギリスの貨幣政策に多大な貢献をしたことが知られていますが、それと同じ時期に、ある一人の贋金づくりと熾烈な頭脳戦を繰り広げていたことは、これまでほとんど語られてきませんでした。その贋金づくりの名は、ウィリアム・チャロナー。イギリス史上類を見ない巨額の贋金事件の首謀者です。
本書は、膨大な資料と綿密な分析をもとに、ニュートンの捜査官としての知られざる一面に初めてスポットを当て、事件解決にいたる攻防をスリリングに描いたノンフィクションです。天才科学者はいかにして世紀の大悪党を追ったのか……ぜひ本書をご一読ください。


事実をもとにした物語だと思って読み始めましたが、ノンフィクションでした。タイトルにある贋金事件だけでなく、ニュートン自身の魅力にも迫り面白かったです。私の中ではリンゴの木の横に立っているイラストのイメージだったのですが、生身の魅力溢れる人物として生まれ変わりました。そもそもニュートンについて無知すぎました。こんなにも多くの功績を残した人物だったとは驚きです。しかも、大天才の割りに、偏った才能ではなく、何でもできちゃう万能の人なんですから、そりゃ万有引力の発見なんて朝飯前って感じなのかもしれません。それは言いすぎって?いえいえ、スーパーコンピュータ並みの計算を、生身の人間がやっちゃたんですから言い過ぎではないでしょう。そして、贋金事件の首謀者との対決後、ニュートン晩年まで、楽しませてくれます。いやはや、ニュートンが好きになっちゃう1冊でした。
[PR]
# by umekononikki | 2013-03-23 19:56 |

ミスター・ピップ

f0149664_22574341.jpgミスター・ピップ
ロイド ジョーンズ 著
大友 りお 訳

舞台は1990年初頭、ブーゲンヴィル島がパプア・ニューギニア政府によって封鎖された三年間。島の唯一の白人ミスター・ワッツが、ディケンズの小説『大いなる遺産』を子どもたちに一章ずつ朗読するところから物語は始まる。子どもたちは作品に描かれた英国社会に最初はとまどうが、次第に主人公の孤児ピップが本当に生きているように感じはじめ、村に近づく独立抗争の暗い影におびえつつも、ピップの世界で想像をふくらませる。
初めて本のすばらしさに触れた少女を襲う、過酷な運命とは?英連邦作家賞受賞作。


「大いなる遺産」かぁ。ディケンズ苦手なんだけどなぁ、などと不謹慎なことを思いつつページをめくると、瞬く間に魅了されてしまいました。悲劇に巻き込まれ、その現実から逃れることもできず、それでも生きていかねばならなりません。子供たちが夢中になった「大いなる遺産」が、子供たちを救うわけも無く、物語のような奇跡が起こるわけもありません。しかしそんな子供たちもいつかは、マティルダの両親や、ミスター・ワッツのように大人になってゆきます。ミスター・ワッツとの交流や、みんなで共に読んだ「大いなる遺産」のような、子供の心に残る思い出と感情。そんな形にできない物と共に大人になってゆきます。そして、マティルダの父親や、ミスター・ワッツと妻たちの過去も印象的でした。
[PR]
# by umekononikki | 2013-03-21 22:57 |

火を熾す

f0149664_15464241.jpg火を熾す
ジャック・ロンドン著
柴田元幸訳

Coyote誌上で連載中の「柴田元幸翻訳叢書」、その単行本化第一弾はジャック・ロンドン。『白い牙』『野生の呼び声』の著者として名高いロンドンは、短篇小説の名手でもある。極寒の荒野での人と狼のサバイバル「生への執着」、マウイに伝わる民話をモチーフにした「水の子」、訳し下ろし「世界が若かったとき」など、小説の面白さが存分に味わえる全9篇を収録。

一話ごとに登場人物に心をつかまれ、短編集ながら、長い物語を読んだ様な充実感を得ました。好みを選ぼうにも、どの物語も良く悩んでしまうのですが、やはり最初に読んだ「火を熾す」は衝撃的でした。短編というと、ウイットの効いた小洒落た感の強いイメージでしたが、見事にひっくり返りました。生死がテーマでも、ドライで、尚且つ奥深い。考えてみれば、人間生まれれば当然死ぬんですから。生きている限りは、生きたいと思うことも当然。そして強いものが勝ち、時間が流れると人は老いるもの当然。極々、当たり前のことですが、そんな出来事に大きな感情の波がついて回るから、人間が生きるって事はドラマチックなんですよね。ドライな物語から、読んでいる私が感情的な盛り上がりを感じてしまいました。大阪から名古屋への移動中に読んだのですが、お陰で時間を忘れることができました。面白かったです。
[PR]
# by umekononikki | 2013-03-20 15:47 |
f0149664_23151369.jpgピダハン―「言語本能」を超える文化と世界観
ダニエル・L・エヴェレット 著
屋代 通子 訳

著者のピダハン研究を、認知科学者S・ピンカーは「パーティーに投げ込まれた爆弾」と評した。ピダハンはアマゾンの奥地に暮らす少数民族。ピダハンの言語とユニークな認知世界を描きだす科学ノンフィクション。驚きあり笑いありで読み進むうち、私たち自身に巣食う西欧的な普遍幻想が根底から崩れはじめる。とにかく驚きは言語だけではないのだ。ピダハンの文化には右/左の概念や、数の概念、色の名前さえも存在しない。神も、創世神話もない。この文化が何百年にもわたって文明の影響に抵抗できた理由、そしてピダハンの生活と言語の特徴すべての源でもある、彼らの堅固な哲学とは……?

著者とアマゾンを満喫すると共に、とても興味深く読みました。とにかくピダハンの文化には驚かされてばかり。私たちの日常生活でも「価値観が違う」とよく耳にするが、ここまで違うと著者のようになってしまうのかなぁ。とりわけ後半は、言語学に関する記述が中心となる一方、ピダハンの文化の深層にまでせまり面白かったです。言語学となると縁遠く感じますが、言葉を通じてこれほどの考察ができるとは驚きです。そこから明らかになる、ピダハンの文化は、良くぞここまで私たち読者に理解できるような内容に落とし込んだものだと感心させられます。ピダハンの考え方には学ぶところもあり、グーグルアースで手のひらに地球が乗っても、世界はまだまだ広いと感じました。
[PR]
# by umekononikki | 2013-03-19 23:15 |
ヤマザキ マザック美術館
f0149664_22372393.jpg
2013年3月16日(土)、愛知県美術館で「丸山応挙展」を観た後、ヤマザキマザック美術館へ。案内によると、ヴァトー、ブーシェ、フラゴナール、シャルダン等ロココの時代から、新古典主義のアングル、ロマン主義を代表するドラクロワ、写実主義、印象派、エコール・ド・パリ等、18~20世紀のフランス美術が一望できるコレクションです。
1階でチケットを購入し、5~4階が展示室になっていました。うん、確かにロココです。なんともいえない幸福感溢れる絵画が並びます。そんな中、ロダンの彫刻が目を引きました。モディリアーニやシスレーの作品も印象的。それ以上に、私の心を鷲づかみにしたのはエミール・ガレの部屋。ここは圧巻でした。ガレの作品が展示されたガラスケースが、部屋いっぱいに乱立状態で、宝石箱の中に落っこちた小人の気分です。見渡す限りガレの幻想の世界。一つ一つを見る楽しみと共に、沢山の作品の中にたたずむ快感。この部屋だけでも、ここまで足を延ばしたかいがありました。
余談ですが、ヤマザキマザック美術館を後に地下鉄「矢場町駅」近くの「六十一万石」へ。ここの「六十一万石」が好きなんですよね。お土産に購入し、帰路につきました。
[PR]
# by umekononikki | 2013-03-18 22:38 | 展覧会

丸山応挙展

f0149664_172927.jpg丸山応挙展
-開館20周年記念-

愛知県美術館

2013年3月16日(土)、名古屋に久しぶりに行って来ました。名古屋は好きな町の一つ。行くと決めた日から、本当に待ち遠しくて堪りませんでした。今回はこの「丸山応挙展」がメイン。名古屋駅から栄の愛知県美術館へ。土曜日ということもあってか、この展覧会、巡回はしない上に、今回を逃すと次回いつ観られるか分からない作品もあるんですから、会場はそこそこの混雑振り。といっても、東京や大阪の混雑に比べると、混雑してるとはいえません。
印象的だったのは、やはり大乗寺障壁画「松に孔雀図」でしょう。会場にあった「応挙、ここがすごい、新しい!」と銘打った鑑賞ガイド+出品作品リストによれば、実物大の松が描かれ、現実の庭の松へと連続するようです。まさか会場に松の木を植えるわけにもいかないので、その辺りは想像するしかありません。しかし面白かったのは、照明!自然の太陽のように明るくなったり暗くなったりと、日本の建築の独特の薄暗さを感じることができました。行ったことはないのですが、大乗寺で見ている気分になりました。
丸山応挙と同時代に活躍した画家には、伊藤若冲や曽我蕭白などがいたそうです。そんな強烈な個性派のなかで、ここまでド正道で、正道過ぎることが返って強烈な個性になっているように感じました。正道が個性になるんですから、その実力たるや、計り知れないものがあります。
他にも「雪松図屏風」や「雨竹風竹図屏風」のような圧倒される作品から、骸骨を描いたもの、可愛い子犬や美人じゃない美人図などなど、名古屋まで来て良かったと思える展覧会でした。
[PR]
# by umekononikki | 2013-03-17 17:02 | 展覧会

クールベ店

f0149664_2250560.png大丸梅田開店30周年記念
クールベ店

大丸ミュージアム<梅田> 梅田店15階

久しぶりに梅田の大丸ミュージアムに来たような気がします。2013年3月9日(土)、難波高島屋を後にし、「クールベ展」へ。高校生の頃はよく来た記憶があります。百貨店の美術館は、美術館や博物館の展覧会より安価なため、高校生の私には行きやすかったんですよね。
さて、「クールベ展」ですね。ギュスター・クールベ(1819-1877)はフランスの写実主義の代表的な画家。当時の絵画といえば宗教や神話の世界を描くもの。そんな中、写実主義を貫いたんですからたいしたものですよね。やや散漫な印象だったのですが、チラシを読み、それを知り見る目が変わりました。風景画も良かったのですが「匂いアラセイトウのブーケ」が良かったかな。赤い花が画面いっぱいに広がるブーケが、クールベが「ようこそ展覧会へ」と歓迎してくれているようでした。
しかし一貫して写実主義だったクールベは、世間の風当たりも強かったのでしょうか。風刺画では散々な描かれよう。現代で見ている私までもが気の毒に思われるほど。でも、どこかユーモラスは風刺画もまた、「好きに言わせておけばいいさ。」と思わせるような雰囲気もあります。もっとも当時のクールベにしてみれば、傷ついたんだよと反論されそうですが・・・。
それにしても百貨店の美術館は安いなぁ。これだけのボリュームで、割引券を使って大人\700だったんですから。
[PR]
# by umekononikki | 2013-03-10 22:51 | 展覧会
美の競演 京都画段と神坂雪佳
大阪高島屋 7階グランドホール

f0149664_22195067.jpg2013年3月9日(土)、つい2~3日前まで真冬のコートを着ていたとは思えないほどの陽気の中、難波高島屋へ行ってきました。7階のグランドホールへ行く前に、岡本太郎のタイル画「ダンス」を観ることを忘れてはいけません。そして催し会場の東北物産展の誘惑に惑わされながら、いざグランドホールへ。
f0149664_22201259.jpg
今回の展覧会は、京都市美術館と細見美術館が所蔵する作品で、明治から昭和にかけて京都で活躍した画家たちのがテーマになっています。先ずは、神坂雪佳の「四季草花図屏風」がお出迎え。琳派って感じの作品ですが、色の鮮やかさ、草花の繊細さ、バックの抜け感の好バランスで、日本人なら誰が見ても素直に美しいと感じるのではないでしょうか。細見美術館へ行くといつも眼にする「金魚」。神坂雪佳の「金魚」の実物を眼にするのは久しぶり。あまり大きな作品ではありませんが、あの構図といい、デザインといい、強烈な印象と、軽快な楽しさを味わわせてくれます。生まれた時代は幕末だと聞くと、ちょっと信じられないモダンさです。しかも雪佳は絵画だけではないんですね。陶芸や漆器などの展示品もあり、驚かされました。
他に、上村松園、上村松篁、堂本印象、菊池契月、竹内梄鳳などなど、豪華な内容。印象的だったのは、松篁の「兎」。何が印象的だったって、兎の模様。黒兎の顔だけパンダって感じに目の回りが黒。ユーモラスな模様に、いたってまじめな背景にたたずまい。そのミスマッチが面白かったです。堂本印象の「婦女」も好みでした。チラシで観ていると、女性5人が集まってなにやら話しているだけの印象でした。実物は、その女性たちの微妙な年齢層といいますか、年配というには若すぎて若いかというとそうでもない感じが絶妙。その女性たちが、非常に上品な雰囲気を漂わせているんです。う~ん、好みでした。
展覧会を後にし、心置きなく東北物産展で小岩井のソフトクリームを堪能しました。美味しかったです。
[PR]
# by umekononikki | 2013-03-09 22:20 | 展覧会

河岸忘日抄

f0149664_22214427.jpg河岸忘日抄
堀江敏幸著

ためらいつづけることの、何という贅沢──。ひとりの老人の世話で、異国のとある河岸に繋留された船に住むことになった「彼」は、古い家具とレコードが整然と並ぶリビングを珈琲の香りで満たしながら、本を読み、時折訪れる郵便配達夫と語らう。ゆるやかに流れる時間のなかで、日を忘れるために。動かぬ船内で言葉を紡ぎつつ、なおどこかへの移動を試みる傑作長編小説。

これは良かった。南仏で船上で生活しながら、緩やかな時を過ごす主人公の「彼」。そんな「彼」の時間を、共に共有し、心地よさに浸ってしまいました。異国の地にありながら、「彼」の周りには日本的な時間の流れがあるようで、その流れに引き寄せられるように様々な人が集まってきます。日本にいる枕木さんのFAXや郵便を待ちながら過ごす日々。これといった事件も無く、かといって私たちが送っている日常とは違う生活に、魅力を感じます。人に平等に流れる時が、こんなにも質や早さが違うものなのかと思わされました。楽しい時間は早く、苦しい時間は長いもの。そんな毎日も、振り返ればあっという間に過ぎ去ったように感じます。子供の頃は大人になる未来への時間はゆっくりでしたよね。
そんな変化する時間を捉えた物語でした。じっくり味わいながら読みました。
[PR]
# by umekononikki | 2013-03-08 22:22 |

シークレット

f0149664_2324862.jpgシークレット(시크릿)
2009年
監督:ユン・ジェグ
出演:チャ・スンウォン、ソン・ユナ、リュ・スンリョン、キム・イングォン 他

悪名高い組織のナンバー2が、刃物に数回刺されて残忍に殺害される事件が発生する。現場に出動したソンヨル(チャ・スンウォン)は、犯人が残したと思われるガラスのコップについたリップスティックの跡と落ちていたボタン、イヤリングの片方を見つけて衝撃を受ける。犯人の痕跡が今朝外出の準備をしていた妻(ソン・ユナ)のリップスティックの色、服のボタン、イヤリングだということを悟ったからだ。ライバルでありパートナーのチェ刑事の目を避けて、本能的に証拠物を隠すソンヨル。彼は事件当日訪ねてきた女を見たと証言する、決定的目撃者まで脅迫して送り返す。

チャ・スンウォン目当てで観ました。嫌いじゃないなぁ、この類の話。エンドロールが始まって、初めて事の真相が全て明かされる仕掛けにも唸ってしまいます。
登場人物全てが胡散臭く、謎が多く、ラストに畳み掛けるように解明される気持ちよさ。訳者ぞろいで、見ごたえがありました。ああ、感想を書けば書くほどにネタバレに近づいてゆく~。だから全く関係の無い話。韓国映画の暴力シーンはどうも苦手なのですが、今回はそれも我慢できるほどに面白かった。エンドロールが始まってからの真相部分は、ちょっと分かりづらいかも。チャ・スウォンの髪型がいただけない。そうか、奥さん役はソン・ユナだったのか・・・。観終わって気がつくほど、男性陣が濃かった。
いや~、久しぶりに韓国映画でも面白いと思えました。
[PR]
# by umekononikki | 2013-03-07 23:04 | 韓国映画