展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

田渕俊夫展-澄みわたる四季

f0149664_9123978.jpg田渕俊夫展-澄みわたる四季
香雪美術館

2011年5月8日(日)、阪急御影駅近くの香雪美術館へ。智積院の襖絵で有名な方ですよね。機会があれば行きたいと思っている智積院。京都国立博物館へはよく足を運ぶのですが、鑑賞後はランチにばかり気が行ってついつい行きそびれています。はい、花より団子ですね。

さて今回の展覧会。非常に美しかった。現代的なネオンの風景も、日本画にしてここまで高められるのかと眼から鱗が落ちるようでした。澄み切った空気に、少し低めの温度を感じる手触り。印象的だった作品は、「春爛漫」。桜が放つ空気感が、冬の名残と春の儚さの両面を感じさせ、他の作品に比べ小さいながらも精神的に非常に奥行きを感じさせられました。他に「寒風」では、雪が舞っているのかと思いきや、よく見ると多くの子供が凧あげをしている冬の情景。冬の冷たい風がおこす靄の中に、子供たちの喧騒が聞こえてきそうな、暖かさと冷たさのコントラストを感じた作品。展覧会の最終日に、ぎりぎり足を運ぶことができて良かったです。智積院へ行かねばと、思いが増すばかりです。

この美術館には約5000坪のお庭があり、六甲山麓の自然林と邸宅建築を見学できる様ですね。通常は非公開ですが、春と秋に見学会を実施しているなんて知らなかった。これは是非とも行かなければと思い調べてみると、2011年6月4、5日に実施されるなんて!予定があって無理だわ。次回の見学会に期待したいです。

余談。
鑑賞後、同じく阪急御影駅近くの「ダンケ」という喫茶店へ行きました。ここのコーヒーが、好きなんですよね~♪いつも、途中下車して寄るほど好きです。美しい絵を鑑賞し、美味しいコーヒーを頂いた、至福の時を過ごせました。その後、阪急西宮ガーデンズの「古奈屋」にてカレーうどんを頂きました。やはりここのカレーうどんも大好きです。東京へ行ったときには、スーパーでチルド(冷蔵)の「古奈屋のカレーうどん」を大量に買うほど好きです。ガーデンズ内のイズミヤでは、冷凍の「古奈屋のカレーうどん」が売っていますが、エビ天入りとはいえ割高感が否めない。
・・・。やはり、花より団子ですね。
[PR]
by umekononikki | 2011-05-18 09:12 | 展覧会