展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

半分のぼった黄色い太陽

f0149664_101257.jpg半分のぼった黄色い太陽
チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ著
くぼたのぞみ訳

私たちが死んだとき世界は沈黙していた。数百万人の犠牲者が出たといわれるナイジェリアのビアフラ戦争。この内戦の悲劇を、スリリングなラブストーリーを軸に、心ゆさぶられる人間ドラマとして描きだす。英語圏でいま最も注目されているナイジェリア作家の長編初邦訳。史上最年少でのオレンジ賞受賞作。映画化。

映画化されるということで、乗り遅れるなとばかりに借りてみました。
60年代のナイジェリアを、価値観の異なる3人の視点から見た物語。日本からは遠い国、ナイジェリア。ニュースでしか耳にすることの無い世界が、悲惨な内戦が背景にありながらも、素晴らしく生き生きと描かれています。あくまで人間ドラマです。一つの国家が抱える混沌の世界で、生まれも育ちも違う登場人物たちが、いかに感じ、いかに行動したか。恋人への愛、家族への思い、生まれ育った大地への愛情、思想、信念など、見つめる先は違うのに、その純粋さという点では共通しているように思いました。だからでしょうか、内戦という悲惨な状況が、登場人物たちをよりも瑞々しく引き立てていたように感じます。そしてどのような結末を迎えるのか、興味深く最後まで惹きつけられる魅力ある物語でした。
[PR]
by umekononikki | 2011-06-29 10:01 |