展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

サヴァイブ

f0149664_8563921.jpgサヴァイブ
近藤史恵著

他人の勝利のために犠牲になる喜びも、常に追われる勝者の絶望も、きっと誰にも理解できない。ペダルをまわし続ける、俺たち以外には―。日本・フランス・ポルトガルを走り抜け、瞬間の駆け引きが交錯する。ゴールの先に、スピードの果てに、彼らは何を失い何を得るのか。

「サクリファイス」「エデン」に登場した人たちの短編集。短編集でも、やっぱり面白かったです♪様々な登場人物たちの視点で描かれた物語は、とても新鮮でした。そして、「サクリファイス」と「エデン」を読み返したくなります。どうもこのシリーズを読むと、自転車が欲しくなるんですよねぇ。「サクリファイス」の読後は、危うく買いそうになりました。天井から床にかけてつっかえ棒を2本たて、そこに自転車をひっかければ部屋に置いておけるぞと、具体的に考えたりもしました。それほどこのシリーズは、自身もさわやかな風になった気分にさせてくれます。(実際には、微塵も「さわやか」にはなっていないのですが。)これで自転車に乗れば、更に「さわやか」になれるかと思っちゃいます。(なれる訳ありません。)
内容は、もちろん我らが「チカ」の話もあり、脇役で登場する話もあり、登場しない話もありでしたが、やはり「チカ」が登場すると、読んでいてテンションが上がるのが分かります。しかし、チカ以外の人物も、本編では味わえなかった魅力的を感じました。勝負の世界の裏には、やはり誰もが努力し苦悩しているのですね。
しかしなにはともあれ、早く長編の続編が読みたいです。
[PR]
by umekononikki | 2011-07-22 08:56 |