展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

オラクル・ナイト

f0149664_117135.jpgオラクル・ナイト
ポール・オースター著
柴田元幸訳

重病から生還した34歳の作家シドニーはリハビリのためにブルックリンを歩き始める。不思議な文房具店を見つけ、そこで買ったブルーのノートに新しい物語を書きだすと…。美しく謎めいた妻グレース、ダシール・ハメットのエピソード、ガーゴイルのように動き出す物語の渦。ニューヨークの闇の中で輝くものを描き出す、感動の長編。

初ポール・オースターなんです。こんなに有名な作家の本を、これまで読んでこなかったなんて。トマス・ピンチョンならいざ知らず、抜群の読みやすさにもかかわらずです。中でも面白い作品を読もうと調べ、図書館に借りに行くと貸出中。再びその時の気分で面白そうな作品を選び、図書館へ行くと貸出中。縁遠い作家でした。それにしても、これまで読んでこなかった自分を責めたい!夢中に読みました。面白かったです。
作家自身の物語と、作家の書く物語、その物語の中に登場する「オラクル・ナイト」というもう一つの物語。様々な物語が重なる、多重構造になっています。「上手いなぁ。」と展開を噛みしめながら、意味ありげな出来事に世界が膨らみ、非常に楽しめました。何か悪い方向へ向かっていると分りながらも、怖いもの見たさを感じる、大人向けのおとぎ話のよう。多くの要素がたくさん詰まっている、芳醇な物語でした。満足です。
[PR]
by umekononikki | 2011-09-15 11:07 |