展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

ノアの羅針盤

f0149664_11122084.jpgノアの羅針盤
アン・タイラー著
中野恵津子訳

60歳になって学校からリストラされた教師が、新生活の門出の夜、何者かに襲われる。病院で目覚めた彼に襲撃の記憶はなく、やがて彼は偶然出会った記憶係の女性に惹かれる自分に気づく。退院をきっかけに同居をはじめた末娘を始め、彼を取り巻く女たちとの葛藤を淡々と描きつつ、新しい人生の意味を浮かびあがらせる、名手アン・タイラーの新作。

ふがいないのは子供たちだけでなく、親も子供から見れば、どこか危なっかしい存在ですよね。そうなのです。子供から見れば、私の両親も年々老いてゆき、一緒に生活していないだけに気になってはいます。気にはなるけど、元気で旅行も地域の付き合いも参加し、面倒をみるなんて程遠い。私も自身の生活や遊びに忙しく、両親にかまうほど暇じゃない。そんな私の家族と、どこか重なって見えるこの物語。なんだか共感できる部分も多く、日常がこんなにも面白く読める素材になるなんてと、とても興味深い内容。家族だから言葉にしなくても解っているだろうと口にしないと、案外、言葉にしないと伝わらない事も多いもの。わずらわしいと敬遠していると、家族同士でも解りあえないものなのですね。
そして「老い」と向き合うことは、誰でもあまりいい気分じゃない事ですよね。しかし、「老い」は容赦なく、誰にでもやってくること。それがある日突然変身する訳でもなく、日々の積み重ねのように、徐々に静かに気付かれないようにやってくるから厄介なのかもしれません。自分では何も変わってはいないつもりなのに、気がつけばこんな年齢になり、世間の若者に対し理解不能に陥り、自分自身のこともままならなくなるから、さあ大変。正面からぶつかると重い問題ですが、それも日常に溶け込ませて徐々に向き合うと、なんだか新鮮な変化に思えてくるんですから不思議ですよね。
なんだか家族との日常が、暖かく素敵に思えてくる物語でした。
[PR]
by umekononikki | 2011-09-29 11:12 |