展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

チェスをする女

f0149664_1057471.jpgチェスをする女
ベルティーナ・ヘンリヒス著
中井珠子訳

伝統的な考えや暮らしを当然と受け入れてきた女性が、突然目覚めて才能を開花させ、外の世界に歩き出していったらどうなるのだろう。エレニは自分で最悪の事態を覚悟する。数々の読者賞を受賞し、映画化されたフランスの小説。

何かの比喩かと思いきや、そのまま「チェスをする女」のお話。情景が美しく、チェスのシーンでは神々しい騎士たちが戦う様子を想像してしまいました。そのチェスの騎士たちと同じく、見事に戦い抜いたチェスをする女はとても魅力的。他に、夫やチェスを教えてくれた先生、薬剤師にホテルの従業員など、短い物語の中にいい味出してる人たちが盛り沢山で楽しめます。読後はやはり想像しちゃうでしょう、後日譚を!チェスをする女は自身に変化をもたらしただけでなく、周囲の人々にも影響を与えたはず。そんなことを考えると、楽しくなってきます。誰もが変化を恐れなければ、魅力的に変身できるものなのよね。頑張らねば!
[PR]
by umekononikki | 2011-10-07 10:57 |