展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

ルドンとその周辺-夢見る世紀末展

f0149664_148329.jpg岐阜県美術館所蔵 ルドンとその周辺-夢見る世紀末展
美術館「えき」KYOTO

2011年10月28日(金)、張り切って10時前には京都駅に到着。開館までに時間があったので、駅でコーヒーを飲んでから、いざ伊勢丹へ。平日の午前中、しかも、開館直後なだけに空いていて、ゆっくり鑑賞することができました。
オディロン・ルドン。1840年-1916年のフランスの画家。彼の独特の世界観を満喫できる内容でした。会場に入ると、ルドンと聞いてまず思いだす「眼=気球」や「蜘蛛」といった作品が並びます。内向的な空想の世界で、空想の生き物や空間が描かれ、「楽しい」や「かわいい」なんて言葉とは対極にある世界なのですが、かといって「不気味」や「暗い」という言葉もしっくりこない、なんとも表現できない世界です。ただ「静けさ」はどの作品にも共通しているように感じました。漫画でよくある「しーん」という音が聞こえてくるほどの「静けさ」です。
展覧会後半は一転、油彩画やパステルのカラフルな世界です。優しい色合いで、画面からあふれんばかりの色で描かれています。白と黒の世界を見た後の、色とりどりの世界は眼を見張るものがありました。描かれている物の色ではなく、内からあふれるオーラの色を描いたようでした。
最後にはムンクやモローなどの作品が展示されていました。
とても興味深い展覧会で満足しました。京都・伊勢丹のこの美術館は、安価で面白い内容の展覧会が多いように思います。次回「ガレとドーム」も、見逃したくないし。しかも「ICOCA」決済で前売り・団体料金になるし。大阪の伊勢丹にも巡回してくれたらいいのになぁ。って、大阪の伊勢丹って美術館はなかったっけ?残念。

この後、京都・伊勢丹10階の「ザ・キッチン・サルヴァトーレ・クォモ」でランチを頂きました。メインとデザートを選び、前菜はビュッフェ形式。ビュッフェ形式とはいえ、どれも個性的な味で楽しめました。メインも満足の味で、美味しかったです。お腹も一杯になったところで、東寺の秋の特別公開へ向かいました。
[PR]
by umekononikki | 2011-10-31 14:08 | 展覧会