展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

FBI美術捜査官

f0149664_1036245.jpgFBI美術捜査官―奪われた名画を追え
ロバート・K・ウィットマン、ジョン・シフマン著
土屋晃、匝瑳 玲子訳

レンブラント、フェルメール、ノーマン・ロックウェル…美術館の壁から、忽然と姿を消した傑作の数々。潜入捜査でたくみに犯人をおびき寄せ、歴史的至宝を奪還する。美術犯罪捜査に命を賭けた男と、そのチームの物語。

楽しめました。映画さながらの潜入捜査や組織との軋轢を描いたドキュメントなのですから、面白いはずです。盗品を奪還する過程も興味深かったですが、FBIという組織の中で「美術品捜査」の専門部署を作る困難さ、またFBIと他の組織との摩擦なども盛り込まれ、最後まで夢中で読まされてしまいました。犯人逮捕よりも、盗品の奪還を優先に捜査をすすめ、美術品、文化財を盗むことへの罪についての考え方にも共感できます。最後は未解決のままに終わった事件でしたが、今後の解決を祈るばかりです。
[PR]
by umekononikki | 2011-11-18 10:36 |