展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

解錠師

f0149664_19543655.jpg解錠師
スティーヴ・ハミルトン著
越前敏弥訳

【アメリカ探偵作家クラブ賞(エドガー賞)最優秀長篇賞/英国推理作家協会賞スティール・ダガー賞/バリー賞最優秀長篇賞/全米図書館協会アレックス賞】八歳の時に言葉を失ったマイク。だが彼には才能があった。絵を描くことと、どんな錠も開くことが出来る才能だ。やがて高校生となったマイクは、ひょんなことからプロの金庫破りの弟子となり芸術的な腕前を持つ解錠師になる……プロ犯罪者として非情な世界を生きる少年の光と影を描き、世界を感動させた傑作!

面白くて、気がつけば最後のページをめくっていました。子供の世界と大人の世界の狭間にいる少年の世界を、金庫破りという闇の中でもなお瑞々しく描いています。そう、少年の成長物語の要素が強く、なんだかんだいっても少年の心には純粋なきらめきを持っていて、大人はいつの間にかどこかでそれを失ってしまったんだと、対比されているようにも感じました。少年の抱えるトラウマ、恋愛感情、信念を貫く強さ、複雑で他人の眼からは知ることのできない内面を見事に表現。いやー、こういう成長物語もありだなと、ダーティな世界なんだけど、すがすがしい成長物語でした。お勧めです。
[PR]
by umekononikki | 2012-02-12 19:54 |