展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

金沢の風習

f0149664_213876.jpg金沢の風習 復刻版
井上 雪著

石川県金沢市で作家だった著者が、1978(昭和53)年に出版した随筆集の復刻版。市民の暮らしと伝統行事や習俗が濃密に結び付いた郷土の昭和の風景がぬくもりあふれる文章で描かれている。初詣や出初め式から除夜の鐘までの年中行事をはじめ仏事、祭り、伝統食などの50話を通じて四季豊かな金沢の生活を伝えている。99年、68歳で死去した井上氏は俳人でもあり、随筆の所々に織り込まれた自然美をうたう句が郷土愛に満ちた文に詩情をそえている。

両親が金沢出身なので、私のルーツでもあります。私自身は関西で育ったのですが、両親のライフスタイルは金沢色を濃く残しているように思います。とりわけ食文化ははずせないらしく、加賀雑煮に始まり、福梅はネットでおとりよせし、墓参りで金沢へ行くと車麩を大量に買い込んで帰ります。近年、その自分のルーツに関心がわいてきて、本書を手に取りました。時々、両親が金沢を懐かしむ話と重なるところも多く、興味深く読みました。今年も墓参りに金沢に帰る予定です。また新たな金沢を発見できるといいなぁ。
[PR]
by umekononikki | 2012-02-13 21:38 |