展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

ツタンカーメン展

f0149664_1971510.jpgツタンカーメン展
黄金の秘宝と少年王の真実

大阪天保山特設ギャラリー
(旧サントリーミュージアム)

2012年3月22日、幾分寒さが和らいだものの、春の到来はまだ遠いと感じる気温。ツタンカーメンの王墓から見つかった副葬品など、日本未公開を含む122点が展示されています。大阪ではテレビでもコマーシャルが流れ、東京での展示はまだ4ヶ月ほど先だというのに駅には大きなポスターが貼ってあり、この展覧会に対する期待は高まります。当日、11時過ぎに天保山に到着。すでに入館まで60分待ちの行列ができています。
率直な感想を述べさせていただくと、考古学的な知識の無い私には少々物足りなさを感じました。で、ポスターにもなった「ツタンカーメンの黄金のカノポス」は、装飾の繊細さと美しさには眼を見張るものがありましたが、ポスターの写真が大きく、実物の小ささに、複雑な気持ちになりました。確かに黄金だけにとどまらず、様々な考古学的な価値や、美術的な美しさや技術は素晴らしかったです。でもなぁ、60分並び、人の多さに展示品をまともに見ることができないのに、チケットが2千円以上するなんて高いと思いませんか?じゃあ「観にいかないほうが良かった?」と聞かれると、そこはほら有名すぎる「ツタンカーメン」ってことで「観てよかった。」と答えます。私自身にエジプト考古学の知識がもう少しあれば楽しめたのでしょう。自分の無知を反省します。
[PR]
by umekononikki | 2012-03-24 19:07 | 展覧会