展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

藤田傳三郎の軌跡

f0149664_1981640.jpg生誕170年 没後100年
藤田傳三郎の軌跡
藤田美術館

2012年4月20日、小雨の振る中、JR東西線の大阪城北詰駅を降り藤田美術館へ。この日は造幣局の桜の通り抜けの期間中だったため、多くの人がこの駅で下車していました。先日、NHKの日曜美術館で紹介されていただけに、この人の多さはもしかしてとも思いました。昨年、奈良の国立博物館で観た三蔵法師絵巻。それらの一部が、この藤田美術館所蔵となっていたので気にはなっていたのです。そうこうしている内にNHKで取り上げられたので、これは行かねばと足を運びました。
JRの大阪城北詰の駅は地下にあるのですが、ちょうどこの駅の上一帯が「藤田邸」だったのですね。いやー、驚きです。美術館は蔵を利用しており、藤田邸跡は公園になっていましたが、まぁ広いこと。
展示品は51点と小規模な展示なのですが、内容は重要文化財が8点、国宝4点なのですから、濃すぎる内容といっても過言ではないでしょう。最近私の中でのプチブーム「羅漢」。羅漢図も見ごたえのあるものが数点展示されていました。もちろん玄奘三蔵絵もあります。奈良で見たときより距離が近く、筆のあとまで見えるようでした。そう、展示されているケースが小さいからか、作品との距離がどれも近く感じ、とても楽しめました。
出入り口のところに絵葉書が販売されていましたが、それらを見たところ、9月から「藤田傳三郎の想い」と題し、国宝のお茶碗が展示されるようですね。そちらも足を運びたいと思います。
[PR]
by umekononikki | 2012-04-20 19:08 | 展覧会