展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

裏側からみた美術史

f0149664_22180100.jpg裏側からみた美術史
宮下規久朗著

凡人に嫉妬した天才、究極の身体芸術、医学と絵画のあいだ、ヌードが取り締まられるとき─―通常の美術史では取り上げられていない意外なエピソードや発見を綴った異色の二十話をを集めた掌編。

面白かったです♪♪♪気軽に読み出したものの、その奥深さには驚きでした。しかも、平易な説明で読みやすい!そのタイトルから作品や作者にまつわる裏話かと思いきや、戦争や宗教、医学などとの関係を通じて美術とは何ぞやと問いかけられているようです。考えさせられる内容でした。だからといってそんなに深刻で重く感じないのは、著者の斜め目線がいい味を出しているからでしょうね。著者のカラヴァッジョの本も読んでみたいと思います。(カラヴァッジョ、好きなんですよね~。)
[PR]
by umekononikki | 2012-04-30 22:18 |