展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

コーヒーの真実

f0149664_19452626.jpgコーヒーの真実
世界中を虜にした嗜好品の歴史と現在

アントニー・ワイルド著
三角和代訳

現在、コーヒー産業で生活を支える人の数は世界で1億2500万人にのぼると言われます。そもそもエチオピア原産とされるこの小さな豆が、民主主義や秘密結社を生み出し、植民地帝国主義の原動力となり、大航海時代から、グローバリゼーションの現代にいたるまで、世界の歴史を動かしてきました。また、コーヒーの歴史は世界的な覇権争いの歴史でもあります。巨大な資本力や政治力がコーヒー・マーケットを巡って熾烈な争いを繰り広げています。今、この世界で何が起きているのか、あなたが飲む一杯のコーヒーの背後に見え隠れする人類の過去・現在・未来を読む一冊です。

非常に興味深く読みました。知られざるコーヒーの歴史から、生産の背景、カフェインについてまで、幅広い内容です。あまりに身近で、気軽に飲んでいた1杯のコーヒー。その歴史や現状の重さに対して、これほどまで認識が薄かった物はありません。確かにコーヒーはそのスタイリッシュなイメージで、あたかもファッションの一部のように扱われています。しかも経済指数として「トール・ラテ指数」なるものも登場。今や、全世界で欠かせないものとなっているのでしょう。過去の歴史も驚くべきものでしたが、これからの未来もそれに拍車をかけたものとなるような気がします。
なんだか明日から飲むコーヒーの味が、これまでとは違う味に感じそうです。多くを考えさせられる1冊でした。
[PR]
by umekononikki | 2012-05-03 19:45 |