展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

地図集

f0149664_1939523.jpg地図集
董啓章 著
藤井省三、中島京子 訳

中国返還前の香港を舞台に、虚実ないまぜの歴史と地理を織りあげることで「もう一つの香港」を創出する長篇「地図集」のほか、ボルヘスやカルヴィーノの衣鉢を継ぐ作家のオリジナル作品集。

「地図集」より「少年神農」が好みでした。なんともセンスの良い印象のまま「地図集」を読み出したわけですが、良い意味で裏切られました。とにかく「地図集」は、最新の現代アートを観ているような斬新さに驚かされました。正直、理論篇は頭に入ってこなくて辛かったですが、都市篇、街路篇になるとそのセンスとユーモアに夢中になり、記号篇では文章を読むというより画面を観る感覚に近かったかも。う~ん、やっぱりアートだという感覚だなぁ。新感覚の画期的な小説でした。
[PR]
by umekononikki | 2012-06-05 19:39 |