展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

日韓がダブーにする半島の歴史

f0149664_18295224.jpg日韓がダブーにする半島の歴史
室谷克実著

古代日本は朝鮮半島から稲作などの先進文化を学び、国を発展させてきた―という“定説”は大嘘である。半島最古の正史『三国史記』には、新羅の基礎を造ったのは倭人・倭種、中国の『隋書』には、新羅も百済も倭国を文化大国として敬仰していたと明記されているのだ。日韓古代史の「常識」に異義を唱え、韓国の偏狭な対日ナショナリズムと、日本のあまりに自虐的な歴史観に歪められた、半島史の新常識を提示する。

とりあえず、日本と朝鮮半島の古代史は見直す必要がありますよね。そもそもよその国のことより、日本自体の古代史研究がもっと進んで欲しいのですが…。(天皇陵の研究が許可されない限り、その辺りの研究は難しいのでしょうか?資金面での問題もあるのでしょうか?日本の気候風土が、古代史の資料の喪失につながっているのでしょうか?)そもそも歴史の授業でどのように習ったか、馬鹿な私は覚えていません。かといって、韓国ドラマは観ますが、韓国の歴史物のドラマは時代考証がされていないのは重々承知で観ていました。そこで図書館でこの本が目に留まりました。そんな軽い気分で読み始めたのですが、その説得力(というか、素直に資料を読み解けば、至極当然に導き出される結果。)にうなってしまいました。確かに日本の自虐的な歴史観というのには納得!
ただ後半は、感情論に走っているように感じて残念。
以下は、歴史の素人のたわごとです。ローマ帝国など紀元前には高度な文明が世界には存在していたのに、日本ではいきなり「縄文・弥生時代」から歴史が始まるんですから笑っちゃいますよね。地方には、そのころには既に上下水道完備の文明が存在していたなぁんて言い伝えもあると聞いたことがあります。更なる研究を進めて欲しいなと思います。
[PR]
by umekononikki | 2012-06-13 18:29 |