展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

悩む力

f0149664_1352948.jpg悩む力
姜 尚中 著

夏目漱石とマックス・ウェーバーをヒントに、最後まで「悩み」を手放すことなく真の強さを掴み取る生き方を提唱する。現代を代表する政治学者の学識と経験が生んだ珠玉の一冊。生まじめで不器用な心に宿る無限の可能性とは?


悩んだことはありますが、悩みぬいたということは無かったかもしれません。いつも世間体や世間の常識にとらわれ、模範解答を写しただけの結論しか出せていなかったようです。それに気がついただけでも収穫でした。
折りしも「ジャン・クリストフ」を読んだ後で、悩み苦しむクリストフの力強さに勇気付けられたところ。それに輪をかけて著者の真摯に悩み抜いた答えは、現実的で、クリストフは物語の世界だけのことではないように感じました。「続・悩む力」も読みたいと思います。
それにしても漱石の作品に対する切り口が、著者ならではで面白かったです。私は漱石を読んでも、物語の表面だけで何かを知ろうとしていました。著者のように、何かしら共感できる経験がないと分からない奥行きがあるのですね。ああ、漱石でも読んで、一生懸命悩んでみようかなぁ。
[PR]
by umekononikki | 2012-06-19 13:05 |