展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

輝ける皇妃 エリザベート展

f0149664_16162739.jpg開館15周年記念
輝ける皇妃 エリザベート展

美術館「えき」京都(JR京都伊勢丹7F)

JR京都伊勢丹って、15周年記念なんですねぇ。もうそんなになりますか?早いものです。
2012年9月13日、京都国立近代美術館を後に、JR京都伊勢丹の美術館「えき」京都へ。
チラシによると、数奇な運命に翻弄されたオーストラリア皇妃エリザベート。16歳にして名門ハプスブルク家の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に嫁ぐものの馴染めず、美と自由を追い続け贅の限りを尽くします。晩年は宮廷を離れ孤独な旅の果てにテロリストに暗殺されてしまいます。そんな皇妃エリザベートの「星の髪飾り」が日本初公開されていました。以前、ハプスブルク家の展覧会でヴィンターハルターの描いた肖像画は観たことがあるはず・・・。(記憶が定かではない・・・。確か京都国立博物館で観たと思うんだけどなぁ。)その肖像画にも書き込まれた「星の髪飾り」です。う~ん、確かに絵と同じ。この展覧会、とにかくお宝がザクザクな内容。この髪飾りにたどり着くまでに、宝飾品に家具、ドレスと贅沢な品物ばかりを見てきたので、案外小さな髪飾りでは、もう驚かない状態でした。それほどエリザベートは贅を尽くしたのね。うらやましいわ。「ベルサイユのばら」の池田理代子の世界をそのまま現実にしたような、女性ならため息が出るくらいの華麗な世界を感じました。
[PR]
by umekononikki | 2012-09-14 16:17 | 展覧会