展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

天にも昇る幸せ

f0149664_8333686.jpg天にも昇る幸せ
ルアンヌ・ライス著
吉田利子訳

一度しかないと思った人生で、二度目のチャンスを与えられたら、あなたはどうするだろう?サラは次の誕生日を生きて迎えることはないだろうと思っていた。だが、奇跡的に死の病を克服し、生還した。今度こそ新しい人生のスタートを切ろうと決意するが…。23作品連続でニューヨークタイムズ・ベストセラーのベスト10入りを果たした、ミリオンセラー恋愛小説家の代表作。

美しい物語。登場人物全員がいい人でおとぎ話のように現実離れした印象と、恋愛部分はメロドラマチックですが、それ以上に惹かれる要素が多くて物語の世界に浸ることができました。恋愛小説といってしまえばそれまでですが、そこには男女の愛だけでなく、家族への愛も織り込まれメロドラマに終わらない要素があります。父と娘、母と息子、兄妹などなど、不器用で、それぞれが愛を上手く伝えられません。上手く伝えられた愛も、上手く伝えられなかった愛も、永遠に伝えることのできない愛も、全て愛する気持ちは煌めいているんのだなと、静かな感動を与えてくれた物語でした。
[PR]
by umekononikki | 2012-10-23 08:33 |