展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

日本人はなぜ日本のことを知らないのか

f0149664_18334454.jpg日本人はなぜ日本のことを知らないのか
竹田 恒泰 著

自分の国がいつできたのか答えられますか?
学校が教えてくれない「世界最古の国」の奇跡を、明治天皇の玄孫にして、ベストセラー『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』(PHP新書)の著者が、強い信念をもって語った意欲作。巻末の「子供に読ませたい建国の教科書」では、「日本ってすごい!」という思いが自然と湧いてきます。


『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』に続いて読んでみました。益々、日本に、日本人であることに誇りを感じます。同時に、そんな歴史を持つ国に相応しい人間でありたいと、身が引き締まる思いもします。「愛国心」なんていうとすぐに右だとか言われます。しかし何事にも行過ぎれば問題ですが、健全な身体で健全な心で国を愛しているならば全く問題ないでしょう。
最近は後継者不足で、文化の継承に懸念が生じています。例えば工芸であればその技術だけを繋ぎとめようと、人材を探すことに躍起になっているようです。しかし本当は日本の教育に問題があるのかもしれないと、本書を読んで考えさせられました。枠組みの話で、現実的ではないし、精神論になるのでしょうが、日本を日本の歴史を知ることと無く日本を好きでもなく、誇りを感じていない日本人が、日本の文化を守ろうなんて土台無理な話です。工芸品であれば、技術の継承だけでなく、広いニーズがありそれを使う人がいなければ、技術だけを継承してもその意義は薄いと思うからです。
戦後教育を受けた私は、今後この辺りを勉強し直さなければならないなと感じました。この本、図書館で借りたので買いに行こうかしら。あと、今年は古事記編纂1300年で数冊本も買ったことだし、読み直さなければ!
[PR]
by umekononikki | 2012-10-26 18:35 |