展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

特別展 北斎  -風景・美人・奇想-

f0149664_1643027.jpg特別展 北斎
-風景・美人・奇想-

大阪市立美術館

2012年10月31日、天王寺公園内の大阪市立美術館へ「北斎」を観にいって来ました。今年に入ってから「北斎」関連の展覧会は、美術館「えき」KYOTOと京都文化博物館に続き3度目。いくら北斎が画狂老人で多くの作品を残したとはいえ、もうそれほど見ごたえのある作品は無いだろうと期待せずに足を運びました。が、流石北斎!私的には、これまでの人生で観た北斎を総括したような充実の内容でした。斬新な風景画はもちろん、美人画、とりわけ肉筆画は見ごたえがありました。ユーモラスな作品も多く、漫画を見るような感覚で楽しめました。中でも印象的だったのが「ナマコ」。2匹のナマコが扇子の中央に鎮座している作品。これが絵になるんだから、感心するやらおかしいやら。若いころ海に潜ったら必ず海底に無数のナマコがいましたが、これを絵にしようなんてどこをどうしたって思いもよらなかったわ。因みに海底のナマコを頭に乗せて「ちょんまげ」、なぁんてやってたんだから、あのころは若かった・・・。話がそれましたね。この展覧会の最後には、北斎最晩年の作品「富士越龍図」があります。亡くなる3ヶ月ほど前に描かれた、ほぼ絶筆に近い作品だろうといわれています。そう言われると、なんだか北斎の人生の終焉を表したかのように思えて、感慨深く見入ってしまいました。
それにしても浮世絵の展覧会って、細かい表現に展示作品数も多く、いつもスニーカーに斜め賭けバッグと楽な格好で行くのですが、それでも疲れるんですよね。この日も帰りに新しくなった梅田の阪急百貨店に寄りましたが、用事を済ませすぐに帰りました。日を改めて、じっくり買い物に行こうっと♪(←買い物大好きなんです♪まぁ、嫌いな人は少ないか。)
[PR]
by umekononikki | 2012-10-31 16:42 | 展覧会