展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

木村伊兵衛―人間を写しとった写真家

f0149664_15153048.jpg木村伊兵衛―人間を写しとった写真家
(別冊太陽 日本のこころ)
田沼武能 監修

日本写真界を代表する木村伊兵衛(1901-74)の生誕110年記念号。厳選された200点以上の写真をジャンル別に構成し、詳細な評伝と初公開のヴィンテージ・プリントを収録。

素人の私が言うのもなんですが、好きな写真家。もともと絵画を美術館で観ることは多かったのですが、写真となると全く興味が無かったんですよね。そんな折、京都の国立近代美術館で何かの展覧会に足を運んだときに、同時開催していた「アンリ・カルティエ=ブレッソン展」を観て開眼したんですよね。写真も素晴らしいと。そこから横のつながりで木村伊兵衛にたどり着きました。たどり着いたというより、横に移動しただけかも。ブレッソンもいいのですが、木村伊兵衛のほうが日本人として共感できる分、素晴らしく感じます。写真を堪能すると同時に、その人となりも知ることができて興味深い内容でした。選りすぐりの写真がならび、とてもお得な1冊。
[PR]
by umekononikki | 2013-01-17 15:15 |