展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

ジョン・マン 大洋編

f0149664_2254955.jpgジョン・マン 大洋編
山本 一力 著

十四歳になった万次郎は、初めて乗った船で嵐に巻き込まれ遭難するが、伊豆諸島南端の島に流され、五ヵ月後に捕鯨船ジョン・ハウランド号に救助される。船員たちから厄介者扱いされる中、必死に動き、働き、生き抜く。クジラとの格闘を目の当たりにし、日本人として初めてハワイを見、そして一路アメリカ大陸を目指す。

相変わらず進展は僅かなんだけど、面白くはなって来ました。万次郎14歳で、この力強さ!こりゃ大物になるはずだわ。「中浜万次郎」といえば、アメリカから日本に帰ってきて以降の活躍しか知らないので勉強になります。また、アメリカの船乗りたちの言動も、さすがと感じさせられます。この人たちがこれほど万次郎を正当に評価していなければ、ジョン・マンは誕生しなかったでしょうね。続きが楽しみなのですが、このペースで最後まで忘れずに読むことができるかが不安。
[PR]
by umekononikki | 2013-02-06 22:54 |