展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

中国 王朝の至宝

f0149664_19424739.jpg中国 王朝の至宝
神戸市立博物館

2013年2月16日、小雪の舞い落ちる中、三宮の神戸市立博物館へ「中国 王朝の至宝」展を観にいって来ました。いや~、寒かった。でも、博物館内は暖か。癒されます。
さて、展覧会。土曜日とあって、お昼時を狙っていたせいか、はたまた、尖閣問題のためか人は少なめに感じました。まだ始まって2週間ですから、これから人出も多くなるのでしょうね。
中国最古の王朝「夏」から「宋」にわたる王朝の国宝級の品々が展示されていました。印象的だったのは、チラシ等でも紹介されている「阿育王塔」に「跪射傭」。宣伝に偽りなしの、国宝級の品々がずらりと並び見応えのあるないようでした。しかし、問題は私自身にありました。中国史に疎い。疎すぎるんです。時代的にも、場所的にも、相当幅のあるな内容だったにもかかわらず、だんだんとどれも同じに見えてくるんです。情けない。それでも丁寧な解説があり楽しめたので、良かったのですが・・・。一つ一つは、独特の意匠で面白かったです。ただ、時代的な幅が感じられなかったのが残念。学生時代に七五調で覚えた「殷周秦漢三国晋・・・」を思い出しつつ、博物館を後にしました。
[PR]
by umekononikki | 2013-02-16 19:44 | 展覧会