展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

シークレット

f0149664_2324862.jpgシークレット(시크릿)
2009年
監督:ユン・ジェグ
出演:チャ・スンウォン、ソン・ユナ、リュ・スンリョン、キム・イングォン 他

悪名高い組織のナンバー2が、刃物に数回刺されて残忍に殺害される事件が発生する。現場に出動したソンヨル(チャ・スンウォン)は、犯人が残したと思われるガラスのコップについたリップスティックの跡と落ちていたボタン、イヤリングの片方を見つけて衝撃を受ける。犯人の痕跡が今朝外出の準備をしていた妻(ソン・ユナ)のリップスティックの色、服のボタン、イヤリングだということを悟ったからだ。ライバルでありパートナーのチェ刑事の目を避けて、本能的に証拠物を隠すソンヨル。彼は事件当日訪ねてきた女を見たと証言する、決定的目撃者まで脅迫して送り返す。

チャ・スンウォン目当てで観ました。嫌いじゃないなぁ、この類の話。エンドロールが始まって、初めて事の真相が全て明かされる仕掛けにも唸ってしまいます。
登場人物全てが胡散臭く、謎が多く、ラストに畳み掛けるように解明される気持ちよさ。訳者ぞろいで、見ごたえがありました。ああ、感想を書けば書くほどにネタバレに近づいてゆく~。だから全く関係の無い話。韓国映画の暴力シーンはどうも苦手なのですが、今回はそれも我慢できるほどに面白かった。エンドロールが始まってからの真相部分は、ちょっと分かりづらいかも。チャ・スウォンの髪型がいただけない。そうか、奥さん役はソン・ユナだったのか・・・。観終わって気がつくほど、男性陣が濃かった。
いや~、久しぶりに韓国映画でも面白いと思えました。
[PR]
by umekononikki | 2013-03-07 23:04 | 韓国映画