展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

ニュートンと贋金づくり

f0149664_19553352.jpgニュートンと贋金づくり
天才科学者が追った世紀の大犯罪

トマス・レヴェンソン著
寺西のぶ子訳

欧州最高の知性 vs. 英国最悪の知能犯
万有引力を発見し、近代物理学に巨大な足跡を残した天才科学者ニュートン。後年は王立造幣局に長官として迎えられ、イギリスの貨幣政策に多大な貢献をしたことが知られていますが、それと同じ時期に、ある一人の贋金づくりと熾烈な頭脳戦を繰り広げていたことは、これまでほとんど語られてきませんでした。その贋金づくりの名は、ウィリアム・チャロナー。イギリス史上類を見ない巨額の贋金事件の首謀者です。
本書は、膨大な資料と綿密な分析をもとに、ニュートンの捜査官としての知られざる一面に初めてスポットを当て、事件解決にいたる攻防をスリリングに描いたノンフィクションです。天才科学者はいかにして世紀の大悪党を追ったのか……ぜひ本書をご一読ください。


事実をもとにした物語だと思って読み始めましたが、ノンフィクションでした。タイトルにある贋金事件だけでなく、ニュートン自身の魅力にも迫り面白かったです。私の中ではリンゴの木の横に立っているイラストのイメージだったのですが、生身の魅力溢れる人物として生まれ変わりました。そもそもニュートンについて無知すぎました。こんなにも多くの功績を残した人物だったとは驚きです。しかも、大天才の割りに、偏った才能ではなく、何でもできちゃう万能の人なんですから、そりゃ万有引力の発見なんて朝飯前って感じなのかもしれません。それは言いすぎって?いえいえ、スーパーコンピュータ並みの計算を、生身の人間がやっちゃたんですから言い過ぎではないでしょう。そして、贋金事件の首謀者との対決後、ニュートン晩年まで、楽しませてくれます。いやはや、ニュートンが好きになっちゃう1冊でした。
[PR]
by umekononikki | 2013-03-23 19:56 |