展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

f0149664_23461287.jpg『ワニ&ジュナ~揺れる想い~』をGyaoで観ました。
2001年の韓国映画。監督 キム・ユンギュン、出演 キム・ヒソン、チュ・ジンモ、チョ・スンウ。

異母弟との初恋の思い出を消せないワニ。内向的で口数の少ないワニに、同居しているジュナは次第に不安を感じていく。

物語は静かでやさしい時間に満たされていて、癒される映画でした。最初と最後のアニメーションが物語りと上手くリンクしていて、きれいなラスト。そして、異母弟役のチョ・スンウがいい雰囲気なんです。その異母弟と主人公との過去のシーンが、なんともノスタルジックでした。

静かな午後にお茶とお菓子を用意して観ると、心から安らげる作品でした。

[PR]
by umekononikki | 2007-10-20 21:53 | 韓国映画
f0149664_21405553.jpg「お能・老木の花」 白洲正子 講談社文芸文庫
ISBN4-06-196219-1

世間ではにわかに「白洲次郎」が流行っているようですね。本屋へ行っても関連本をよく見かけます。その白洲次郎の妻・白洲正子の本って読んだことないよなぁ、と思い手に取ってみました。お能に関してのエッセイです。

これまでお能を観たのは、学生時代に学校で観に行った時と、地域主催のお能を数回観たのみです。「お能」に関しての知識は皆無に近い私ですが、興味深い内容でした。「お能」に対し素人が感じる高い垣根を取り除きつつも、歴史や伝統といった代えがたい物、奥深さを感じさせられました。また、お能を観たくなりました。

余談ですが、以前、杉本苑子の『傾く滝』という世阿弥の物語も面白かったなぁ。
[PR]
by umekononikki | 2007-10-18 21:42 |

『二重スパイ』

f0149664_21495813.jpg『二重スパイ』を観ました。2003年の韓国映画です。
監督 キム・ヒョンジョン、主演 ハン・ソッキュ、コ・ソヨン主演の、南北分断をテーマにした大作。

なのに、盛り上がりに欠ける作品でした。拷問シーンは、相変わらず直視できないほど悲惨なのに、物語として手に汗握るシーンが無かったらでしょうか?主人公のラブ・ストーリーも感情移入できなかったし。
この映画でコ・ソヨンは「最悪な主演女優」と言われたほど。
う~ん、チャン・ドンゴンと共演した「恋風恋歌」のほうが生き生きした演技だったよなぁ。

そもそも観たいと思った動機は、『8月のクリスマス』『シュリ』のハン・ソッキュが主演だったから。梅子がこれまで観た韓国映画の中では、『8月のクリスマス』が一番好きです。その、ハン・ソッキュ主演で期待した分、失望させられたのかもしれません。

レンタルせずに、Gyaoで観てよかった。
[PR]
by umekononikki | 2007-10-16 21:51 | 韓国映画
f0149664_22213324.jpg数年前の「冬のソナタ」から、韓国ドラマの虜です。

最近のお気に入りの俳優さんは「カン・ドンウォン」さんです。
その彼の最新の映画「M」。

『M』

初恋の幻に苦しむベストセラー作家ミヌ(カン・ドンウォン)。霧のように近づいてきた謎の女ミミ (イ・ヨニ)。クールで理知的なミヌの婚約者ウネ(コン・ヒョジン)。三人の人間が、現実と夢... 過去と現在を行き交いながら繰り広げるミステリーメロー。

10月4日~12日に開催された、第12回釜山国際映画祭でも、もっとも注目された話題作となっております。

それなのにこの映画の撮影後、久しぶりに会えた友達とふざけ過ぎ、足の甲に神経と靱帯が断裂し、2時間にわたる形成手術を受けたなんて。一体、どれだけふざけてたんでしょう?
[PR]
by umekononikki | 2007-10-15 22:46 | 韓国映画

和倉温泉に行きました。

f0149664_2037239.jpg和倉温泉に、行きました。

温泉に入る前に、辻口博啓美術館【ル ミュゼ ドゥ アッシュ】へ。「美術館」と「カフェ」があり、「美術館」に入らず「カフェ」だけに入ることができます。待ち合わせの時間があったので、「カフェ」でお茶だけすることに。天気も良かったので、「カフェ」の窓から一望できる日本海が綺麗でした。
ケーキとカプチーノをいただきました。さすが有名パティシエのケーキだあって、しばし幸せな時間を。
東京にもいくつかお店を出しているらしいのですが、以前テレビでみたところ、どのお店も行列ができるほど。その点、和倉温泉のお店はタイミングが良かったのか、少しの待ち時間でお茶できました。

ル ミュゼ ドゥ アッシュ

肝心の温泉ですが、調べてみると

泉質:ナトリウム・カルシウム 塩化物泉(高張性弱アルカリ性高温泉)

だそうで、 1日さかずきに1杯くらいなら飲めるそうです。
そこで、少々舐めてみると「泉質:ナトリウム」とあるだけに、しょっぱかったです。そりゃそうですよね。
湯船からあがった後も、ホカホカと体の芯から温まりリラックスできました。
[PR]
by umekononikki | 2007-10-13 21:15

今日から始めます。

今日から、ブログを始めることにしました。

今はまだ、何を書いていこうか全く考えていません。気の向くまま進めていくつもりです。
[PR]
by umekononikki | 2007-10-01 21:04