展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

恋愛時代

f0149664_21583935.jpg恋愛時代
2006年
出演 カム・ウソン、ソン・イェジン、コン・ヒョンジン、イ・ハナ
全16話

原作が故・野沢尚原作の小説。
離婚した夫婦と、彼らを取り巻く人たちの不器用な大人の恋愛模様。

好きだなぁ~、カム・ウソン。映画「王の男」でも良い演技で魅せられましたが、今回も良かった。どとにでもいそうな男性を、なんとも魅力的に見せるんだからたまりません。
ドラマの方は、台詞が良いのよね。口では現実を話し、心の中では確信を突いた事をつぶやく。そのギャップが共感できる。そして、どこかコミカルで飽きがこない。原作を読んでみたくなりました。
登場人物のファッションも素敵で、音楽もお洒落。楽しめました!
[PR]
by umekononikki | 2008-03-30 21:59 | 韓国ドラマ

SHINHWA 10th Anniversary

f0149664_2226788.jpg

心から、デビュー10周年おめでとうござます。
これからも応援します!

[PR]
by umekononikki | 2008-03-24 22:28

バラ色の人生

f0149664_23323496.jpgバラ色の人生
2005年
出演 チェ・ジンシル、 ソン・ヒョンジュ、 イ・テラン
全24話

台詞の一言一言がリアルな物語でした。

39歳のメン・スニ(チェ・ジンシル)は、食べるものも食べず着る物もかまわず倹約し家計を支える。そんな彼女の夫パン・ムンソン(ソン・ヒョンジュ)は、子持ちでバツイチの女と浮気をしている。夫は妻との離婚を決意し、別れ話を持ち出す。妻は離婚を拒絶するそんな折、自分が末期の胃がんだと知る。
崩壊した家族(夫婦)が、再度、絆を取り戻すまでの物語。

崩壊した家族というより、夫婦の絆のほうが物語りの重心があったかも。
なりふりかまわず倹約する妻の姿といい、自身が末期の胃がんだと知り、残された時間が僅かだと知ってからといい、現実的な感じ。更に、妻は詐欺には会うわ、夫は浮気相手にだまされるわ、転がり落ちるように落ちていく。観ていて「生きていくって辛いわ。」と身につまされた。で、ここまでは物語の前半。後半は夫婦関係の修復になり、ちょっと救われた感が。しかし、人生が短い分、その内容も重く濃くなるものなんでしょうか?なんだか考えさせられた作品でした。
[PR]
by umekononikki | 2008-03-16 23:32 | 韓国ドラマ

我が心のオルガン

f0149664_23303890.jpg我が心のオルガン
1999年 韓国
監督 イ・ヨンジェ
出演 イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、イ・ミヨン

60年代の韓国。山奥の小学校へ赴任して来たスハ(イ・ビョンホン)。彼は、同僚のウニ(イ・ミヨン)に想いをよせる。一方、遅れて小学校に入学した17歳のホンヨン(チョン・ドンヨン)は、担任の先生スハに恋心を抱く。それぞれの思いが交差しながら物語は展開する。

のですが、可もなく不可もなくって内容。ノスタルジックな感は味わえます。適度な満足感も味わえます。だからといって心に残るものがないのよね。
いやいや、心に残るといえばこの映画のチョン・ドヨンがすばらしかった。調べてみると公開当時25~26歳だったのに、17歳の小学生役に違和感がなかった。昨年、カンヌ国際映画祭で主演女優賞を受賞したのもうなずけるわ。
[PR]
by umekononikki | 2008-03-16 23:31 | 韓国映画

JSA

f0149664_9584077.jpgJSA
2000年 韓国
監督 パク・チャヌク
出演 ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、イ・ヨンエ

1999年、南北分断の象徴である38度線上の共同警備区域(JSA)で起こった射殺事件。生き残った南北の兵士たちは何故か互いに異なる陳述を繰り返す。両国合意のもと、中立国監督委員会は責任捜査官とりてスイス人である女性将校ソフィーを派遣。彼女は事件の当事者たちと面会を重ね、事件の真相に迫っていく。

南北境界線上の緊張感の上にある友情が、一瞬にして崩れる悲劇。
それは南北の歴史による悲劇だったのですが、さらに、事件の解明にあたった女性将校ソフィーが真実を明らかにしていく中で悲劇は重ねられていく気がします。
真実は真実として明らかにするばかりが、正しい道とは限らない。この作品にはそんなテーマもあったのではないかなと思います。
[PR]
by umekononikki | 2008-03-09 10:02 | 韓国映画