展覧会と本と韓国ドラマと時々K-POPかな・・・。

by 梅子

<   2011年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

チボの狂宴

f0149664_9125224.jpgチボの狂宴
マリオ・バルガス=リョサ著
八重樫克彦・八重樫由貴子訳

1961年5月、ドミニカ共和国。31年に及ぶ圧政を敷いた稀代の独裁者、トゥルヒーリョの身に迫る暗殺計画。恐怖政治時代からその瞬間に至るまで、さらにその後の混乱する共和国の姿を、待ち伏せる暗殺者たち、トゥルヒーリョの腹心ら、排除された元腹心の娘、そしてトゥルヒーリョ自身など、さまざまな視点から複眼的に描きだす、圧倒的な大長編小説。2010年ノーベル文学賞受賞。

素晴らしかった。500頁ほどある大作、読みごたえは十分です。
独裁者トゥルヒーリョの暗殺の物語ですが、各人の視点から冷静に物語は展開します。事実の羅列以上にリアルで、ライブで観ているかのような臨場感。登場人物たちの行動や思惑が構築的に重ねられ、歴史の歯車が回る重みが伝わってきます。一人の独裁者と、独裁者が持つ権力に擦り寄るひとたち。そういった一部の人間に、国が国民の命が握られている滑稽なまでの悲劇。現在の北アフリカの情勢を重ねてしまいます。歴史を作るには、こんなにも血や涙を流さなければならないのでしょうか。
それにしても独裁者は、独裁者自身の原動力もさることながら、その「権力」にぶら下がる取り巻き達によっても、独裁者は作られていくのだなと感じます。「権力」という見えない物に、「武力」という実力が伴う訳ですが、そもそも「権力」とは何なのだろうと哲学してしまうほど、多くの事を考えさせられた物語でした。
それにしても、この物語の隙に無さには感服。図書館で借りましたが、購入して再読したいです。
[PR]
by umekononikki | 2011-03-31 09:13 |

風の国

f0149664_922452.jpg風の国
2008年 36話

出演:ソン・イルグル、チェ・ジョンウォン、パク・コニョン、チャン・テソン、ハン・ジニ、オ・ユナ、キム・ジェウク、キム・サンホ他

あの大ヒットした「朱蒙」のその後の世界。朱蒙の子・ユリが高句麗の王となり、その子供として生まれたのがムヒョル。このムヒョルを演じるのが、ソン・イルグル。呪われた子として生を受け、自身の出生を知らずに成長し、やがて高句麗に波乱を巻き起こします。

なんといってもムヒョルが不死身。そういえば映画「甘い人生」でのイ・ビョンホン氏も、ラストではその不死身っぷりを披露してくれましたが、今回のソン・イルグル氏も前半は殺されても死なない。しかも驚異の回復力!でも視聴している側も、主人公だから死なないだろうって眼で観ているし、怪我も回復してくれないと物語が進まないので、全く問題は無いのかも。
さて、物語。不死身のムヒョル君なだけに、その人生も波乱万丈。丁寧な物腰と見せかけて、周囲の迷惑顧みずやりたい放題。相棒のマロがよくついていけていると感心するわ。なんて、私も書きたい放題していますが、正直「朱蒙」と比べるには内容が荒く、登場人物の魅力が薄い。そもそも、あの「朱蒙」と比べられてしまう現実が不利。テーマも、「朱蒙」は国を起こすというのに対して、この「風の国」は高句麗をいかに維持したか。当然、前者の方が前向きな内容になりますよね。
恨みに暗殺や裏切りと、物語を構成する要素も重いものばかり。「暗い話」と言われても仕方が無いかもしれません。それでも、次々とムヒュルに降りかかる災難をいかに切り抜けるかといった飽きさせない展開が、最後まで視聴できた動力となりました。
ソン・イルグル氏、そろそろ真面目な役以外のドラマが観たいよ~!
[PR]
by umekononikki | 2011-03-30 09:23 | 韓国ドラマ
f0149664_8513563.jpgラファエル前派からウィリアム・モリスへ
美術館「えき」KYOTO

2011年3月19日、細見美術館を出るとまだ時間に余裕があったので、頑張ってJR京都駅まで出ることにしました。京都まで来たついで、3つめの展覧会に疲れ気味です。以下の感想も、疲れ気味の内容です。1日に3つはきつかったと反省。

イギリス産業革命の物質的な充足のなか、精神的な豊かさを求め立ち上がった才能たち。そんな時代のラファエル前派の絵画は、確かにイギリスの工芸デザインを彷彿とさせ、展覧会後半ではウィリアム・モリスの世界へようこそと、繋がっていきます。
この時読んでいた本「英雄たちの朝」の舞台である、上流階級の生活の雰囲気にぴったりの絵画やタペストリーなど。小説では殺人事件が起きるのですが、それとは正反対の、明るい午後の昼下がりに家族でお茶を頂くひと時の様な、気負わない幸せを感じます。幸福感に満たされた展覧会でした。
[PR]
by umekononikki | 2011-03-29 08:51 | 展覧会

麗しき日本の美

麗しき日本の美
後期:琳派を愉しむ
特集展示 茶の湯とかざり

細見美術館

2011年3月19日、平安神宮前まで来たなら、ここにも寄らないでどうすると、後期展示が始まった細見美術館へ。「パウル・クレー展」の半券で、団体料金にしてもらい、いざ!
俵屋宗達、酒井抱一、鈴木其一、中村芳中、尾形光琳と、相変わらずの豪華な内容。
個人的に「俵屋宗達&本阿弥光悦」コンビは、自動的に興奮のスイッチが入るんですよね。これも辻邦生氏の「嵯峨野明月記」を読んでから。
印象深かったのは、神坂雪佳「四季草花図屏風」。ベタなんですが、この美的感覚。日本人で良かったと感じます。ここまで「金」を使っても、悪趣味にならないその奥行きと趣の深さにため息が出ます。
ここはいつ来ても、満足させられる内容と静けさ。小さい美術館ならではの、独占して鑑賞できるゆとり。時間がたつのを忘れてしまいます。
[PR]
by umekononikki | 2011-03-28 09:12 | 展覧会

パウル・クレー展

f0149664_901975.jpgパウル・クレー展
-おわらないアトリエ-

京都国立近代美術館

2011年3月19日(土)、この日は暑かった。いつものように阪急・四条河原町から、ブラブラ運動を兼ねて平安神宮前まで歩きます。商店街に八坂神社や知恩院と眼を楽しませてくれる分、距離を感じさせない気がします。そして知恩院前に「ミッドナイト念仏」なる看板が。あれはいったい何だったのでしょう?
さて、展覧会です。
先日名古屋で観た「カディンスキー展」が良く、抽象画にハマった私は今回の展覧会も楽しみにしていました。土曜の昼ごろ到着しましたが、どちらかというと男性が多めの感じでした。
パウル・クレー(1879-1940)は、スイス生まれの画家。比べるのもどうかと思いますが、カディンスキーより軽快で、澄んだ音色がしそうなリズミカルな雰囲気。近年注目されている「北欧デザイン」の匂い。日常になじみやすく、でも、良く見るととても不思議。会場の展示方法も、斜めに配置した壁に掛けられています。まるで、クレーの絵の中に迷い込んだように感じます。いつまでも眺めていたく、いつまで眺めても飽きない。いつまでも満足が得られないのですが、いつまでも退屈することが無い。
展覧会の主旨でもある、創作の過程が非常に分かりやすく、切ったり貼ったり裏返したりと忙しい。小さな画面に、不思議の世界の穴を覗くような感覚。心地よいい世界を旅して来たような展覧会でした。
[PR]
by umekononikki | 2011-03-25 09:00 | 展覧会
f0149664_10234737.jpg山本貴志 ピアノ・リサイタル
~ショパン、ベートーヴェン、そしてリスト~

2011年3月20日(日) 14:00開演
ザ・シンフォニーホール

プログラム
ショパン:夜想曲 第1番
ショパン:練習曲 第5番「黒鍵」(献呈:リスト)
ショパン:練習曲 第9番(献呈:リスト)
ショパン:練習曲 第12番「革命」(献呈:リスト)
ショパン:スケルツォ 第3番
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第23番「熱情」

休憩

リスト:ハンガリー狂詩曲 第13番
リスト:愛の夢 第3番
リスト:パガニーニ大練習曲より 第3番「ラ・カンパネラ」
リスト:3つの演奏会用練習曲より 第3番「ため息」
グノー/リスト:ファウスト・ワルツ

アンコール
リスト:ハンガリー狂詩曲 第15番 「ラコッツィー行進曲」
ショパン:練習曲 第12番「革命」 


リスト生誕200年記念だそうですね。
そこで、今回はリストについて。
フランツ・リスト(1811-1886)は、ハンガリーに生まれ、ドイツやオーストリアなどヨーロッパ過酷で活躍したピアニストで作曲家。15歳で父を亡くし、ピアノ教師として一家の生計を支えます。ピアニストとしては調節的な技巧をもち「ピアノの魔術師」と呼ばれ、指が6本あるのではないかと言われたほど。そんな彼も、ショパンの「12の練習曲 作品10」だけは初見で弾きこなすことができませんでした。数週間姿を消した後に見事に弾きこなし、ショパンを驚愕させたことから、同曲を献呈します。そしてアイドル的存在でもあった様で、彼の演奏で失神するご婦人がたもいたとか。晩年は多くの病に悩まされ、1886年慢性気道閉塞と心筋梗塞で亡くなります。

なるほど、今回のプログラムの「献呈:リスト」の意味が分かりました。
そして山本貴志さん。全くの予備知識の無いまま、CDすら聴かず公演に足を運ぶチャレンジャーな私。どんなピアノを弾く人なのだろうとワクワクします。そして、その力強さに圧倒されました。でも、私の様など素人にはこの選曲は優しいと感じますが、やはりクラシックに通じてらっしゃる方だと少々物足りなかったかもしれませんね。
会場は満員で、補助席まで出ている盛況ぶり。がしっと心臓を掴まれるような迫力に、魅せられました。CD買わなきゃ♪
[PR]
by umekononikki | 2011-03-24 10:23 | コンサート
f0149664_9484057.jpg大英博物館
古代ギリシャ展
神戸市立博物館

2011年3月25日(金)、混雑するかと思い仕事を休み平日に行ってきました。午前中に到着したのですが、人はまばら。ゆっくり鑑賞することができました。
ローマに支配されるまでの古代ギリシャ世界を、存分に堪能できる展覧会です。
陶器に描かれている、ギリシャ神話のモチーフは絵本を読んでいるかのような美しさと世界観があります。そのモチーフだけでなく、装飾的な模様もやり過ぎずほど良いバランスで美しい。ギリシャ神話の内容って、かなり強烈なだけに、現代の私たちが持つ神様の印象よりも人間くさいですよね。これだけ視覚的な感覚は完璧なのに、神々に対しては個性豊かでバラエティに富んでいるバランスが面白いですよね。
大理石の像は、完璧な肉体の美を追求したものから、役者や哲学者をモチーフにした人間味あふれる物まで多彩。途中、運動競技の映像がありました。下世話ですが、当時の競技選手は全裸で、その美しい体躯をも競うかのように競技を行っていたようです。その想像図を映像化したのもが流されていましたが、全裸なだけに後ろ姿は映りますが、前は上半身や足元だけと、動きのある映像の中で上手くごまかしているよなと感心。(はい、どうでもいい事ですよね。)このオリンピック発祥の地での運動競技の一つ「円盤投げ」の像は、今回の目玉で360度から鑑賞できるように、黒幕で覆われた空間になっていました。これは文句のつけようがないほどの完璧ぶり。
まさに「美のお手本」となるギリシャの美。それゆえの完璧すぎる美なだけに控え目な内容で、優等生な古代ギリシャを感じました。でも、このころの日本は弥生時代。そう考えると、その文化水準には驚かされるばかりです。
[PR]
by umekononikki | 2011-03-23 09:48 | 展覧会

さよならドビュッシー

f0149664_1085893.jpgさよならドビュッシー
中山七里著

第8回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作。
ピアニストを目指す遥、16歳。両親や祖父、帰国子女の従姉妹などに囲まれ幸福な人生を歩む。しかし、火事に巻き込まれ、全身大火傷を負う。それでも彼女はピアニストになるべく努力を重ねるが、周囲で次々と不吉な出来事が起こり、ついには殺人事件まで発生する。


このカラフルな表紙!ミステリーだと分かっていても、ミステリーには見えない表紙。そして内容も、火事により大火傷を負った少女が、ピアニストになるべく努力する過程が素晴らしく、最後の最後にそういえばミステリーだったのだと思いださされるほど。物語としても、ミステリーとしても楽しめるお徳感。ピアノに関する蘊蓄も興味深く、クラシックに対する描写も面白かったです。そして登場人物も、良い意味でも悪い意味でも魅力的。
ミステリーってジャンルは苦手ですが、これは物語としても十分楽しめて良かったです。関西の実家に帰る電車の中で、一気に読んでしまいました。ドビュッシー、聴かなくちゃ♪
[PR]
by umekononikki | 2011-03-22 10:09 |

ペンギンの憂鬱

f0149664_943560.jpgペンギンの憂鬱
アンドレイ・クルコフ著
沼野恭子訳

憂鬱症のペンギン・ミーシャと暮らす売れない小説家ヴィクトル。新聞の死亡記事を書く仕事をきっかけに次々起きる不可解な変死。不条理な世界を描く新ロシア文学。

ペンギンのミーシャの存在がコミカルな、かなりダークな内容。ところどころにありえないエピソードが盛り込まれ、現実離れしていますが、あくまで現実を感じさせる世界観。主人公のヴィクトルは、事件の渦中にいる割に他人事のよう。どの出来事も意味ありげで、実は、意味が無いように見えます。所詮、世の中の出来事ってそんな事なのかもしれません。偶然と必然が表裏一体であるように・・・。でもさすがに、いつまでも他人事のままではいられません。静かに迫る恐怖になかなか怯えてくれないヴィクトルなのに、読みだしたら止まらない魅力ある物語でした。
[PR]
by umekononikki | 2011-03-17 09:04 |

黄金のリンゴ

f0149664_9313031.jpg黄金のリンゴ
2006年  30話

出演:パク・ソルミ、イ・ヨンア、チ・ヒョヌ、キム・ジフン、コ・ウナ、チョン・チャン他

「美男(イケメン)ですね」の陣内チョン・チャンが普通に戻った♪まぁ、ドラマの撮影は、私の視聴順と前後していますが、なにはともあれシリアスな演技に心を打たれます。パク・ソルミも綺麗な女優さんなのに、最後まであか抜けないスタイルで通し、役者さんとして成長したドラマだったのではないでしょうか。とても良かったです。
そんな訳でこのドラマ、非常にシリアスです。1960~70年代の韓国が舞台で、当時軍事独裁政権下にありました。
無実の罪を着せられたまま死んでしまった父。生計を立てるため、一家はソウルに引っ越したところから、物語は核心へと進みます。そして、時代の流れに翻弄されつつも、家族のために生きる人々。いつの時代も、どこの国でも同じく、権力やお金のある者が強いのよねぇ。しかし、それらを全部含めて、時代の流れは飲み込んでゆきます。続きが気になる、見ごたえのあるドラマでした。
誰もが、「家族のために」懸命になります。家族のために他者を傷つける者。家族のために身を粉にして働く者。家族のために財をなす者。その「家族のため」が、ある時振り返れば、正しかったのか間違っていたのかが見えてきます。そして、正しかったか間違っていたかに気付く者もいれば、気付かない者も。そう、最後まで気が付かない人物が1名います。
最近の日本のドラマでは数少ない、物語として登場人物たちの行く末が気になる良質のドラマでした。
[PR]
by umekononikki | 2011-03-16 09:31 | 韓国ドラマ