外山啓介 ピアノ・リサイタル

f0149664_973545.jpg外山啓介 ピアノ・リサイタル
~ベートーヴェン4大ソナタを弾く!~

2011年8月27日(土)14:00開演
ザ・シンフォニーホール

【オール・ベートーヴェン・プログラム】
ピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調「月光」op.27-2
ピアノ・ソナタ第21番 ハ長調「ワルトシュタイン」op53

ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調「悲愴」op.13
ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調「熱情」op.57

アンコール
リスト 愛の夢 第3番

昨年に引き続き、足を運ぶこととなった「外山啓介 ピアノ・リサイタル」です。昨年がなかなかの好演で、容姿も淡麗、チケットも安価で、会場は涼しいと来たら行くしかないでしょう。あまりにも有名なベートーヴェンのピアノ・ソナタ。この私ですら、予習をせずともどんな曲か知っています。そんな知っているつもりのベートーヴェンを、wikiでおさらい。
ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770年-1827年)は、ドイツの作曲家。ボンに生まれ、16歳のころウィーンに渡り、モーツァルトに弟子入りを許されましたが、母の死によりボンに戻ります。ボンでは父の失職により、家計を支えるため仕事を掛け持ちすることに。20歳代後半から難聴が悪化し、30代にはほとんど聞こえない状態になりますが、生涯に作曲した多くが、この時期の曲です。晩年は体調不良や、甥の問題に悩まされ作曲は滞り、65歳で肺炎を患いこの世を去ります。

ベートーヴェンは、非常に表情豊かだったようですね。そんな彼自身の様に、これらのピアノ・ソナタも表情豊か。その豊かさがイマイチ伝わってこなかったように思うコンサートでした。素人なのでテクニックについては全く解りませんが、どこか中途半端な印象がぬぐえません。それでも「悲愴」は良かったかな。

コンサートが終わり外に出ると雷雨。JR福島駅までの間に、雷は激しく鳴るわ、激しい雨に足元は膝までびしょ濡れ。違った意味で忘れられない日となりました。
[PR]
by umekononikki | 2011-08-31 09:07 | コンサート