人気ブログランキング |

ヤニック・ネゼ=セガン指揮 ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団

f0149664_18535619.jpgヤニック・ネゼ=セガン指揮
ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団

2013年2月2日(土) 16:00開演
兵庫県立芸術文化センター
KOBELCO大ホール


シューマン:歌劇「ゲノフェーファ」序曲 Op.81

プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第2番 ト短調 Op.63
<ヴァイオリン:庄司紗矢香>

~アンコール~
J.S.バッハ:パルティータ 2番より サラバンド
<ヴァイオリン:庄司紗矢香>

  休憩

ブラームス:交響曲 第4番 ホ短調 Op.98

~アンコール~
ブラームス:セレナード 第1番より スケルツォ


先月、ザ・シンフォニーホルの「ラン・ラン」のリサイタルが急病で中止となり、この芸術文化センターもその数日後の公演でしたが同様に中止となりました。ザ・シンフォニーホールのチケットを取り、とても楽しみにしていたのですが残念でなりません。ラン・ランさん、早く良くなって、また素晴らしい演奏を聴かせて下さい。
さて、そんなこともあったせいか、クラシックのコンサートに行きたい気持ちが倍増となり、待ちに待った公演です。ヤニック・ネゼ=セガン氏。う~ん、日本人には覚え辛い名前ですね。1975年生まれのカナダ人。そしてヴァイオリニストの庄司紗矢香さんは、1983年東京生まれ。お二人とも若いっ。
クラシックのコンサートの感想の度に書いていますが、本当に素人のすっとぼけた内容になります。今回も例外ではありません。色々な方のクラシックのブログを拝見していると、非常に詳細な内容で感心させられます。勉強なさった方々なのでしょうが、私などは楽譜すら読むことのできないド素人ですから、開き直って正直に感じたことを書くようにしています。時には見事に的を外した内容になっていることもあるでしょうが、ご容赦願います。
庄司紗矢香さんの演奏は始めて聴くのですが、野球のイチロー選手の様なストイックさと人を魅了する大胆さを感じました。細い身体のどこに、それだけの体力を蓄えているのか不思議なくらいタフな印象。
そして指揮者のヤニック・ネゼ=セガン氏。ブラームスは面白かったです。最近、同じ曲を、コンサートやCDで様々なオーケストラや指揮者の演奏で聴くと、確かに違って聴こえるし好みかそうでないかが感じられるようになった気がします。そんな訳で今回の演奏は好みです。なんだか聴いていて気分の良くなるブラームスでした。
by umekononikki | 2013-02-03 18:55 | コンサート